読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のなブロ!

文章を書く練習として色々書き残します。

1518! イチゴーイチハチ! その3

今日はイチゴーイチハチ!の続きです。第三巻に入ります。
今回の表紙絵は、第三巻の内容のすべてが凝縮されている、と言ってもいいくらい印象的な一枚です。今回も青春してまっせ〜

第三巻紹介の公式PVがあるので最初にこちらを紹介しておきましょう。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

烏谷の目標

歓マラの旗手として走り終えたカラスヤは、野球ができなくなった悔しさを乗り越え、生徒会の一員として自分を変えること、身も心も松武の生徒となり楽しむことを決意します。カラスヤが習字の筆で『楽』と書くシーンがあり、ヨシノサツキ先生の『ばらかもん』を思い出しました。

今までとは全く違う環境で全く新しい自分の楽しみを見つけていくこと、最初はつらく感じるかもしれないが、そこには明るく楽しい未来が待っているかもしれません。新しい環境を恐れずに全力で取り組んでみること。これは現実でも新しい楽しみを見つける上でとっても大切なことなのでしょう・・・私もそうありたいですね。

 

民衆を導く自由の女神

第三巻では二年生のアズマ、えーこちゃんにもスポットが当てられています。カラスヤと丸ちゃんのやりとりもニヤニヤが止まりませんね。
会計の楽しさがわからないカラスヤに対し、アズマが勝負を仕掛けます。カラスヤ&丸ちゃんVSアズマの会計内容入力の速さを競います。二人がかりだとさすがに速く、カラスヤの勝利と思いきや、入力ミスが発覚し・・・

「会計の仕事で速さと同じくらい重要なこと。それは・・・」
「正確さだ!」 ッターン!

アズマの強烈なエンターキーが炸裂。決めポーズもスゴイ。背景の"闘志なき者は去れ!!"の張り紙もじわじわくる。
私は情報系の学部出身なのですが、超勢い良くエンターキー押す人本当にいましたね。そして顔を隠しながら笑うえーこちゃんが可愛い。

 

生徒総会の準備として、各団体の紹介やスローガン、活動計画が集められていました。生徒会も生徒総会のために紹介用写真を撮ることに。
題材は『民衆を導く自由の女神』サブタイトル回収とつながりましたね。
1830年のフランス7月革命が主題で、ドラクロワによって描かれました。詳しくはwikipediaで笑。

民衆を導く自由の女神 - Wikipedia

パロディなので、彼らの装備はバットとかボウリングマンの被り物とかカオスなことになってますが、女神えーこちゃんの導く生徒会、なかなか絵になっています。

そして、アズマとえーこちゃんの過去の話に入ります。
会長に生徒会役員への勧誘を受けるえーこちゃん、アズマの鉄板鼻血ネタに薄い反応を返し、アズマを生徒会に誘うえーこちゃん、そして現在、アズマの鉄板ネタに対し、おかしいよねって笑うえーこちゃん、丸ちゃんをいじるえーこちゃん・・・ほんと女神だよ!アズマ視点のはずなのにえーこちゃんばっかりになってしまった。

ただ、最後の『民衆を導く自由の女神』を撮るときのアズマの心境が出ていて、とてもいいシーンです。生徒会のい一員として忙しい日々を過ごし、学習面において三春に負けるようになってきた。多少後悔しつつも、今を楽しもうとする心意気・・・クールな表情の多いアズマですが、本当にいい表情しています。

 

民衆の歌

生徒会の紹介内容として、ムービーをつくることになります。テスト期間にも入り、時間もあまり無い中で動き出します。
丸ちゃんとカラスヤの二人で、ムービーの案出しのシーン、こちらもニヤニヤもの。モンシロチョウのくだりとか。内容としては、ミュージカル風に『アイス大作戦』を紹介するといったもの。
使用曲は"I Have A Dream"です。カラスヤがカラオケのシーンでも歌っています。丸ちゃんはカラオケで中島みゆきの"泣かないでアマテラス"を歌ってます。シブいぜ。
実際の曲はこちら!

www.youtube.com

表情が硬かったり、時間が限られていたり、撮影も苦戦するもののなんとか撮り終えます。撮影の最後のシーン、いい表情しています。特にカラスヤはいいね。ムービーは会長の手で編集され、無事に完成します。

 

第1回生徒総会

後半はいよいよ生徒総会に入ります。第三巻の中で結構詳しく生徒会の仕事について、生徒総会の流れなど詳しく書かれています。私もちゃんと高校卒業していますけど、生徒総会についてなんて全然知らなかったぞ笑。当時の私は興味なかったみたいですね。

決算報告書の質疑応答のシーン、アズマのすごい険しい顔が見られます。お金に関わることはやはり厳しいものでしょう。そして承認。投票数が合わず、集計に時間がかかってしまうことに。

生徒総会の運営を優先し、ムービーをカットすることを決断するカラスヤ、せっかく作ったのだから流したいと願う丸ちゃん。丸ちゃんの願いは叶わず、生徒総会が終了するシーンは切なさが漂います。

 

お蔵入りになった生徒会紹介用ムービーですが、カラスヤは父親に見せることに決めます。丸ちゃんも誘われ、カラスヤ宅で見ることに。アイス大作戦活動報告をミュージカル風に紹介する楽しそうな丸ちゃんとカラスヤが映ります。

カラスヤの過去のシーンも挟み、カラスヤの父親の想いがあふれるシーンと続き、
丸ちゃんに「公志朗のことをよろしく頼みます」と頭を下げるシーン・・・
カラスヤの兄の公一と重なる、とっても印象的な絵でした。
誰かの役に立つことで、少しずつ自信を持てるようになるといいな、と思う丸ちゃんを最後に、第三巻は終了します。

 

この巻では、二年生組の掘り下げがあったり、カラスヤの父親の想いが描かれていたり、カラスヤの成長が感じられたり、会長の弟が少しだけ出てきたり、新たな一面が多く見れたと思います。第四巻が発売されたらまた感想書くつもりですのでよろしくお願いしますね。 

 

follow us in feedly