読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のなブロ!

文章を書く練習として色々書き残します。

となりの怪物くん その3

体調も良くなってきました。
今日はとなりの怪物くん第三巻について、
書いていきますよ。

 

この巻は学園祭がメインといったところでしょうか。
恋愛感情を切り捨てようとする雫と、好意を隠せない春・・・が続きます。

あと、春の友人達がここからまた登場してきます。
特にリーダー格?のヤマケン(山口賢二)のキャラがよく出ています。
プライドが高すぎる方向音痴ってとこですかね笑。

雫に頼られていなんじゃないか、と不安に思うあさ子に対するみっちゃんのフォローも見どころの一つかと。みっちゃんの印象はどんどん上がります。

大島さんと春の会話も何度かあります。大島さんは春から雫とのぎこちない関係に対して色々話を聞いてあげてます。春に振り向かれないとわかっていても意識してしまっていて・・・大島さんかわいいよ。

 

学園祭ではクラスで『恐怖の館ゾンビハウス』を出しています。ササヤンとその友人で儲けようと頑張っています。雫とヤマケンが再会したとき、電子辞書を見せびらかされて微妙に悔しく思った雫は、電子辞書購入のため、ササヤン達に協力しています。

雫はやる気のないゾンビナース、春は鮮血男爵、ササヤンは狼男、あさ子はゴスロリ衣装を着ています、かわいいよあさ子。

出し物の中でところどころ集金してやたらセコい出し物やってます。ずるいぞ。春の鮮血男爵もちょっと意味の違った悲鳴が聞こえたりと、割りとウケてます。学祭でそんなに自由にやれるのはマンガならではでしょうかね。

みっちゃん、優山、ヤマケンたちと、学園祭中に色々なキャラが勢揃いしています。
ヤマケンに挑発された春が殴りかかって雫にヒット(殴るの二度目)し、ケンカに。さらに、あさ子が雫に対してフォローしようとするも、あなたに関係ないことだと雫はバッサリ切って、ケンカに。ケンカラッシュだよ。
あと、優山とヤマケンの関係性についてもあきらかになります。昔の優山はどれだけ怖かったのか・・・普段穏やかな人ほど怒らせると怖いってことなのか。

ケンカして超ヘコんでるあさ子をたまたま見つけたみっちゃんが慰めます。どれだけイケメンなのか。あさ子はみっちゃんに対し大人だ!と言います。後にササヤンから好きになったのか?と問われるも、男の人なんか好きにならないとバッサリ切るあさ子。男性の好意に対する苦手意識は根深いようで。

春と大島さん、雫とヤマケン、優山とゴタゴタ展開があります。大島さんを人質に春が立てこもっているみたいな状況になります。なんだこれみたいな笑。優山の恐れられっぷりがやばいよ。雫の説得と、ヤマケンのフォロー?によって自体は収まり、落ち着いた春と雫は仲直りをします。

また、雫はあさ子に対してもしっかり言い過ぎたと謝罪します。あさ子の行動は余計なお世話であることはしっかり指摘していますが・・・

最後に雫は、春とのことに対して、真剣に向き合うこと、自分と向き合うことを決心し、そのための時間がほしいことを春に伝えます。
二人の関係は少しずつ前に進んでいることを印象づけるシーンだと思います。

 

第三巻はここまでです。
メインとなるキャラも増えてきました。
学園祭では雫がずっとナース姿なので違和感ありますがだんだん慣れます笑。

 

follow us in feedly